前川ヒトづくり財団21 -Mayekawa Platinum Innovative Creation-



講座・セミナー・育成

概要

人口の高齢化と若年労働力の減少する社会において生涯現役で働くためには、それまでの働き方を見つめ直し、多くの経験と知識を積んできたからこそできる働き方を見出す必要があります。シニア世代が組織に必要とされいきいきと働くためには、ミドル世代での自身の「気づき(自己認識と他者評価のギャップ)」が重要だと私たちは考えます。  セミナーは、ミドルを対象とした自己発見気づきセミナー、自社にセミナーを取り込むファシリテーター養成セミナー、フォローアップを行う自己開発気づきセミナーで、生涯現役を確実なものにします。

ミドル世代になると自分が思っている自分(自己評価)と他人が見た自分(他者評価)にいろいろなギャップが生じます。このギャップに気づき、シニア世代になっても組織から必要とされる人材として活躍するために行うセミナーです。40歳以上のミドル世代を対象に2日間実施し、事前に上司・同僚・部下各5名からの360度の他者評価をもらい、自身の評価との差を感じて受け止めることが最も重要なポイントになります。実施の際は各チームにファシリテーターが1名つき進め、実施後は企業に持ち帰って報告し実行することで定着を図ります。

〈参加条件〉
・同じ会社・組織の中で4~5名を1チームとし、チーム単位での申し込みができること。
※他者評価を得るため、参加者1人につき周囲(上司・同僚・部下)5名の事前の協力が必要です。

〈参加費〉 15000円/人回

自己発見気づきセミナー実施や、勤労者の生涯現役を目指す企業や組織を広めていくためのファシリテーターを養成するセミナーです。

〈参加条件〉
・自己発見気づきセミナーを受講していること
・産業カウンセラーまたはキャリアーコンサルタントの資格を持っているか、受講中であること。
・財団が主催するシンポジウムに年1回以上参加できること。

〈参加費〉 15000円/人回

〈内容〉 傾聴を軸とした個別研修

自己発見気づきセミナー受講者のためのフォローアップ研修です。得られた気づきをもとに、さらに計画的で具体的に生涯現役で企業内で働くための自己イノベーションを興すことを目的としたセミナーです。

〈参加条件〉
・自己発見気づきセミナーを受講していること。
・生涯現役を目指していること。

パンフレットダウンロード2

※いずれのセミナーについても、お申込みの際は当財団までご連絡ください。
お問い合わせ